1. 総合トップ
  2. プライベートBOX お役立ちガイド
  3. アイテム別 保管・収納方法
  4. 車の生命線「タイヤ」の正しい保管方法とは

車の生命線「タイヤ」の正しい保管方法とは


車のケアは、事故を未然に防ぐためにも重要なことです。
エンジンなどの車内部にも注意が必要ですが、タイヤのケアにも気を付けましょう。

正しく保管が出来ていないと気付かないうちにタイヤが劣化してしまい大変危険です。
保管方法にも十分配慮しましょう。
今回はタイヤの保管方法をご紹介いたし
ます。

タイヤの保管場所

タイヤ保管は置く場所に気を付けてください。
第一に、直射日光は絶対にNG。
強い紫外線や温度の高い場所はタイヤのひび割れの原因です。

湿気はゴムの劣化やスチールコードの錆びにつながります。
モーターなどからオゾンが発生するのですが、オゾンはタイヤを劣化させてしまいます。
モーター近くでの保管はNGとなります。
大気中にもオゾンは含まれているのでカバーをかけておくことも大切な事です。

ナイロンカバーをかけての保管は埃による汚れの防止が可能なのですが、雨が掛かる場所においておくとカバーの内側で結露する事があります。
暗く、涼しい場所での保管が推奨されます。

室内保管の際はタイヤをストーブなどの熱源付近に置かないようにすることが鉄則です。
熱源はゴムを劣化させてしまう原因となるので絶対に避けてください。

タイヤ保管する前にしておきたいこと



ワックス・クリーナーを使うと、ツヤが増すのできれいになるのですが、基本的にゴムは、その性質から油との相性が良くありません。

保管の際にタイヤに付着したワックスなどは落としておきましょう


土や泥を取り除くのが面倒でそのまま保管してしまう方がいらっしゃいますが、
含まれている水分や油分が原因でゴムを変質させてしまう可能性があります。

タイヤに付着した成分を拭き取る・洗い流すなどが保管の基本となります。
洗い流した場合はしっかりと乾燥させてください。

タイヤの保管方法

まず、タイヤは立てて保管する方法が原則です。
横積みにして保管をすると、サイドに負担がかかり変形してしまいます。

縦に置く方法をとる場合は、重みで接地面が変形する可能性があるので、月に1度接地面を変えるなどの対策を行いましょう。
ホイールを付けた状態では縦積みよりも接地面が大きく、かかる負担を分散させることができるので、横積みの方法が推奨されています。

その際は空気圧を通常よりも下げておきましょう。タイヤの負担軽減には大切です。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせは0120-088-087。専門スタッフがご利用用途にあった最適なトランクルームを提案いたします。
失敗しないトランクルームの選び方はこちら
ページトップへ
採用情報
収納アドバイス

迷ったら収納アドバイス

キャンペーン情報
優良トランクルーム認定証明

国土交通省認定
優良トランクルーム 関東第345号

レンタル収納スペース推進協議会推奨マーク

物品を収納する為のスペースが安心・安全なサービスを提供できる施設であることをレンタル収納スペース推進協議会が推奨したマークです。

当サイトは、256ビットSSL暗号化技術を採用することで、。個人情報を保護しています。

京葉物流株式会社
〒136-0072
東京都江東区大島2-31-6
TEL 0120-088-087
FAX 0120-088-997