1. 総合トップ
  2. プライベートBOX お役立ちガイド
  3. アイテム別 保管・収納方法
  4. サーフィンをずっと楽しめる! 正しいサーフボードの保管方法

サーフィンをずっと楽しめる! 正しいサーフボードの保管方法


海で行うスポーツに「サーフィン」があります。

サーフィンを楽しみたいのならば、サーフボードを大切にしなければなりません。
サーフボードは意外とデリケートで、保管方法を誤ると、劣化して使い物にならなくなりますよ。

海から出たらまず洗う

波に乗るためのツールであるサーフボードですから海水には強いものだと勘違いしている方がいますが、海水に含まれる塩分はサーフボードの劣化の元。

サーフボードの表面を覆う樹脂が酸化して黄色く変色してしまうこともあるので、サーフィン後には出来るだけ早く真水で洗い流して下さい。

冬場のサーフィン後、寒いからと言ってお湯で海水を流すのは絶対に控えて下さい。
フォームとガラスクロスの剥離に繋がります。

真水で洗ったあとは、優しく拭き上げて乾燥させましょう。
そのままボードケースに入れるとカビの原因となります。

屋外物置での保管や車内放置は絶対ダメ

保管の1つの方法として屋外物置や車の中に放置する人がいますが、夏場においては絶対にNG。

サーフボードは熱によって変形・劣化していくので、外よりも暑くなっている夏場に屋外の物置や車内で保管することはサーフボードの寿命を縮める行為と言えるでしょう。

また、車内で保管すると日光が当たりやすくなるのですが、紫外線は人間だけではなくサーフボードも日焼けさせてしまいます。

サーフボードにとっては劣悪な保管環境となるので、サーフィンの行き帰り以外は車内から出して出来る限り屋内保管してあげて下さい。

ハードケースよりニットケース

サーフボードは衝撃に弱く、ちょっと倒しただけで壊れてしまうことが多々あります。
そのため、保管の際にハードケースを選ぶ方がいらっしゃいますが、ハードケースだと通気性が悪く、ケース内で熱がこもって蒸れてしまいます。

ワックスを付けていると、ワックスが溶け出して悲惨な状態に。
いくら保護する力が強くても、長期保管を考えると不向きです。

通気性の良いニットケースならば熱がこもりづらいので、保管の際はニットケースの活用をオススメします。

しかし、ハードケースと比べて保護力が弱く、移動の際にぶつけて壊してしまう可能性もあるので、用途に合わせた使い分けが必要です。

屋内での保管


四季がある日本では気温の差が激しい屋外での保管は控えたほうが良いでしょう。

しかし、湿気にはある程度の耐性があるものの、過度の乾燥には弱いサーフボードですから、エアコン・暖房の効いた部屋での保管も難しい。
サーフボード自体が大きいので、置き場所に困ってしまうことも。

使用頻度にもよりますが、夏以外はサーフィンをしない場合、空調完備のトランクルームを活用してみましょう。

しかもルームタイプのプライベートBOXならば24時間出し入れ自由なので、サーフィン当日にサーフボードを取り出して、そのまま現地へ、という方法も可能です。
自宅で収納スペースを確保できない方には特にオススメです。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせは0120-088-087。専門スタッフがご利用用途にあった最適なトランクルームを提案いたします。
失敗しないトランクルームの選び方はこちら
ページトップへ
採用情報
収納アドバイス

迷ったら収納アドバイス

キャンペーン情報
優良トランクルーム認定証明

国土交通省認定
優良トランクルーム 関東第345号

レンタル収納スペース推進協議会推奨マーク

物品を収納する為のスペースが安心・安全なサービスを提供できる施設であることをレンタル収納スペース推進協議会が推奨したマークです。

当サイトは、256ビットSSL暗号化技術を採用することで、。個人情報を保護しています。

京葉物流株式会社
〒136-0072
東京都江東区大島2-31-6
TEL 0120-088-087
FAX 0120-088-997