1. 総合トップ
  2. プライベートBOX お役立ちガイド
  3. アイテム別 保管・収納方法
  4. 【収納前にちょっとひと手間】 釣り道具のメンテナンス方法

【収納前にちょっとひと手間】 釣り道具のメンテナンス方法


釣り道具は海水や潮風、コマセによって汚れやすく、メンテナンスを行わずに収納するとすぐダメになってしまいます。

しかし、誤ったメンテナンスは故障の原因ともなりかねませんので注意が必要です。

今回は収納前に覚えておきたい釣り道具のメンテナンス方法をご紹介します。

竿のメンテナンス

まず、水を絞ったタオルで竿全体を拭き取って、ごみなどを除去して下さい。
この工程が不十分だと繋ぎ目にごみが挟まって竿を傷つけてしまいます。

市販のシリコンスプレーを使用するのですが、これは直接吹きかけても、乾いたタオルに吹き付けてから塗り込む方法でも構いません。
タオルで竿にかけたシリコンを全体に伸ばしながら拭きます。
金属部分には防錆潤滑スプレーを吹きかけて、乾拭きして下さい。

インナーロッドはぬるま湯で洗浄し、塩分を取り除く必要があります。
数日ほど時間をかけて、しっかり水抜きして下さい。

リールのメンテナンス

土・コマセなどの汚れが付きやすいリールは布でしっかり拭き取ること。
隙間などの汚れには歯ブラシを使用し、丹念に汚れを落として下さい。

その後、リールを真水で洗い流すのですが、全体を浸すと内部の潤滑剤に悪影響を与えかねないので控えておくのが無難です。
スプールはぬるま湯で塩抜きをし、水をよく切って乾燥させること。

構造が難しく処置が難しいと思われる部分は無理して分解などをしないでおきましょう。
メーカーに修理を出した際に受け入れてもらえなくなる可能性があります。

収納スペースが確保できない時は

メンテナンスも終わって後は片づけるだけ。
しかし、釣り道具はなかなか収納スペースを必要とします。
部屋の片隅に置いておくとどうしても邪魔ですし、ぶつかって壊れてしまうのも避けたいところ。
だからと言って、押し入れなどの湿気がある所に収納することはオススメ出来ません。

収納スペースに空きがない、そんな時にはぜひトランクルームを活用してみて下さい。
弊社ではルームタイプ屋内コンテナボックスの2パターンをご用意しています。

ルームタイプのメリットは空調が完備されている点と、24時間365日出し入れ自由である点。
せっかく釣り道具をメンテナンスしたのですから、収納環境にもこだわりたいのは自然な発想でしょう。

急に釣りに行きたくなった時でも年中無休で出し入れができるので、いつでも自由な時にご利用できます。

反対に、たまにしか釣りへ行かないという方は屋内コンテナボックスがオススメ。
釣りに行く時は車で移動することも多いかと思いますが、屋内コンテナボックスならばお車を横付けできるので、楽に出し入れ可能です。

毎日のように釣りに行く人もいれば、たまの休日に赴く方もいることでしょう。
釣りの楽しみ方は人それぞれ。

自分のスタイルから、どちらのタイプを選ぶか検討してみて下さい。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせは0120-088-087。専門スタッフがご利用用途にあった最適なトランクルームを提案いたします。
失敗しないトランクルームの選び方はこちら
ページトップへ
採用情報
収納アドバイス

迷ったら収納アドバイス

キャンペーン情報
優良トランクルーム認定証明

国土交通省認定
優良トランクルーム 関東第345号

レンタル収納スペース推進協議会推奨マーク

物品を収納する為のスペースが安心・安全なサービスを提供できる施設であることをレンタル収納スペース推進協議会が推奨したマークです。

当サイトは、256ビットSSL暗号化技術を採用することで、。個人情報を保護しています。

京葉物流株式会社
〒136-0072
東京都江東区大島2-31-6
TEL 0120-088-087
FAX 0120-088-997